レディ

皮膚科と美容外科の違い

レディ

周りから目立ついぼは、誰でも専門のクリニックなどで切除してもらいたいと考えるでしょう。しかし、いぼを切除するとなると、問題となるのがどこへ治療を受けるかといったことです。一般的にいぼは皮膚科、または美容外科で切除をしてもらえます。ここで、どちらのクリニックにするか判断する材料として、皮膚科と美容外科での治療方法の違いについて説明します。皮膚科では、主に肌に現れた病変について総合的に診察・治療します。肌の病変といえば、水虫やにきびといった症状が挙げられます。いぼは水虫のように明確な身体への被害はないものの、見た目が悪く日常生活にも影響が及ぼされるとして、治療を行なってくれるのです。皮膚科での治療のメリットは、ズバリ保険適用での治療が受けられるという点にあります。薬剤療法や液体窒素を使った除去方法、場合によってはメスを使った切除といった治療法を受けられます。ただし、どのようないぼでも皮膚科での保険適用が受けられるわけではありません。あまり目立たない箇所にあるいぼや、小さいいぼの場合、保険適用が受けられない場合もあるのです。また、皮膚科ではレーザー治療などの一部治療法が受けられない場合もあります。保険適用によって治療費は安くなるものの、選べる施術方法が少ないため、治療後の跡が残りにくい施術を受けられないといった問題もあります。

皮膚科とは違い、美容外科ではいぼの切除後の跡が残らない施術をしてくれます。皮膚科では病変の治療を行なうのが最優勢なので、治療後の跡にあまり配慮してくれない場合があります。これに対し美容外科は、患者さんの治療後の傷跡などにしっかり配慮してくれます。治療後に傷跡が残らないようにして欲しいと考えているなら、美容外科でいぼの切除を依頼するとよいでしょう。美容外科では、治療後の跡が残りにくいレーザー療法を行なっています。メスでの切除は切った場所にへこみやくすみが現れてしまう場合があります。レーザー治療は、メスでの切除手術に比べて肌への負担が少ないので、こうした治療後の跡なども残りにくいのです。顔の頬などにできたいぼを除去する場合、治療後に目立つ跡が残ってしまうと、いぼ同様に強いコンプレックスの元となります。跡もできるだけ残さずに、綺麗にいぼを取り除いて欲しいと考えているなら、治療跡への配慮も丁寧な美容外科を選ぶとよいでしょう。